ユータロの日記

鹿児島に住んでいる、とある男の日常をつらつらと。

死に近づく瞬間

ボクは高校生くらいのときから、

自分が死ぬことについてよく考えてきました。

ゲイとしての生きづらさがそうさせたのだけれど、

「もし自分が死んだらどうなるのか」

と、寝る前に考えては泣いていた気がします。

 

死について考えることが、

崖のギリギリの端に立ったような気分になって、

飛び込んだら楽になるけど終わりだな、

ということを確認する作業だったのかもしれない。

終わりを確認することでなんとか生きることを

選択し続けることができたのかもしれません。

 

最近は死ぬ瞬間について考えたりします。

死ぬときは眠りに落ちるような感じなのかな、とか。

知らないうちに意識がなくなってしまうのかな、とか。

知らないうちに意識がなくなるなら怖くないのかな、とか。

 

日本人は死を避けて生きているように思います。

死ぬわけじゃあるまいし。と。

確かにそれでいいのかもしれませんが、

一方、死について考えたり想像したりすることで、

自ら命を絶つという選択を防ぐことが出来るのかもしれない

と最近思ったりしています。

 

ここまで読んでくれてありがとうございます!

応援して頂ける方はポチッとお願い致します(*´・ω・`)ノ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ