ユータロの日記

鹿児島に住んでいる、とある男の日常をつらつらと。

エッチありきの世界?

今でも付き合いのある男友達は、
みんな恋愛対象外の人たちです。
だから、長く友達でいられるんですね。

怪しい視線を投げかけたり、
チラリズムを待ちわびていては、
良い友人関係どころではないだろうし。

そう考えると、
ゲイ同士に友情はあるのかな?
おネエさん同士にはあるっぽいけど、
ゲイ同士はどうなんだろう?

アプリや掲示板のやりとりでも、
顔ありきですよね、だいたいは。
つまり自分のタイプじゃないと、
会う気にはなれないてことですよね。
確かにタイプの人の方が、
一緒にいてテンションが
上がるかもしれないけれど、
それはつまり、あわよくば…という
下心がどこかにあるからなのかな?

友達を作るのに、
エッチのポジションや、
嫌いなタイプを列記するのはなぜ?
そこから友情なんて生まれるのかな?

これは雄の性質なのでしょうか。

ただ、友達が欲しいだけなのに、
なかなかできないですよね。

ゲイの世界では、友達が欲しい、は
綺麗事なのでしょうか。
それともネットの出会いがそもそも
そういう性質のものなのか…

ゲイの友達が欲しいです(´・_・`)

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ