読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セ キ ラ ラ バ イ

本音と建前のどちらかというと本音の部分

自覚的でもやめられない癖

実は前から気づいていたこと。

僕は彼の顔色を伺う癖がついている。
彼の機嫌を損ねないように。
会えないからなおさら。

付き合って間もない頃は、
僕もけっこう強気だったのにな。

ケンカになったら、

「もういい!帰る!」

てな感じで電車に乗って帰ってた。
そしたら後から彼が謝ってくる、
というパターンだったのに。

いつからだろう?

今は逆かな。

僕がいつも謝っている気がするし、
僕はいつも彼の逆鱗に触れないよう
話題を選び、言葉を選ぶ。

もちろん彼のことは好きなんだけど、
なんだか親子みたいな関係。

お父さんを怒らせないように
ご機嫌をとる、いい子でいる
そんな子どもみたいな、僕。

ある時期からは互いの距離は
詰まることなく平行線。

今日の電話での彼の声は、
まるで仕事先の人に話すかのような
他人行儀な声だった。

一体どうすればいいのかな。

特に別れる理由がないのなら、
別れる必要はないのかな。

そろそろちゃんと、
二人の今後について、
腹を割って話さなきゃな。


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ