ユータロの日記

鹿児島に住んでいる、とある男の日常をつらつらと。

先輩たちの意見を聞いてみる

デミアン (岩波文庫)

デミアン (岩波文庫)


↑これを読んでます。

ヘルマンヘッセ『デミアン』。

僕には若干難しい本ですが、

昔知人に紹介され購入し、

そのままになっていたので…


この本は第一次大戦後に書かれ、

人々の混乱の中で生まれたようで、

内省ばかりしている僕には

とても共感できる内容だったりします。

人並みに生きられない主人公の苦悩が

小難しい表現で書かれています。


悩みや葛藤に対して、

本や音楽で解決の糸口を見つけるのは、

有益なんではないかな?と思います。

自分でグルグル考えるより、

歴史上の先輩方の意見を参考にして

なんとか突破口を見つけたいなと思います。


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ