セ キ ラ ラ バ イ

本音と建前のどちらかというと本音の部分

人物重視・面接重視の正体

大きな組織、大企業や公務員には
僕のような中途半端な職歴は
嫌われるのだということが
実感として分かりました。

よく言われていることではありますが。

大きな組織ではその規模や安定性ゆえ、
申込者も中小企業よりも比較的多く、
イレギュラーな人材を選ぶより、
問題なさそうな人材の中から
より「人物重視」で選考する。

いわゆる「人物重視」「面接重視」とは
それなりの学歴・職歴があり、
問題なさそうな人の中から選ぶ際に、
最終的には人間性を重視しますよ
という意味であって、
とにかく人間性に自信あるやつ、
誰でもカモン!という意味とは違う。

ブラック企業ならあり得ますが。

僕の現在の市場価値は極めて低い。
そこは自覚しなければね。
現実は甘くはないですね。

え、わかってたよって?

僕の社会経験が乏しい証拠ですね。

まあ、自分自身が選ぶとしても、
上司やその上の上司の目もあるから
とりあえず無難で良さそうな人を
選びますよね。
誰だってリスクはとりたくないし
責任もとりたくない。
大きな企業になればなるほど、
そういう意識が働きやすくなりますね。

ほんまにアホやな、僕。

なんとなくそんなことは分かってるのに
それでも大企業や公務員を受けるのは
僕の方がアホなんですよね ~_~;

こういうことを繰り返して、
いろんなことを諦めつつ、
少しずつ自分の道へ行くのかな。

自分自身でも面倒臭いヤツだな、と
呆れてしまいますが。
引き続き頑張りますっ


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ