ユータロの日記

鹿児島に住んでいる、とある男の日常をつらつらと。

生きづらい世の中ですが

今の日本、ゲイはまだまだ生きづらい。
ゲイだけでなくセクシャルマイノリティ
そういう思いの方はきっと沢山いる。

そうやって考えるとさ、
身体に障害がある人とその家族、
精神や脳に障害がある人とその家族、
ひきこもりやニートとその家族、
高齢者や外国人まで、
この国で生きていくには、
まだまだ生きづらいと思うんです。

物理的なバリアフリーはもちろん、
空気?みたいなものがまだまだあって。
弱者が年々増える中、
このままでは日本、大丈夫?
と思っちゃいます。

今は健常者で理想的な生き方の人も
マジョリティにしか属したことない人も
いつ自分や自分の家族が
弱者の立場になってしまうか分からない。

だから社会全体が、
弱い立場の人や失敗した人に対して、
大丈夫だよ!と言ってあげられる
そんな空気にしたいなぁ

と最近思うんです。

そのためには何ができるんでしょう?


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ