読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セ キ ラ ラ バ イ

本音と建前のどちらかというと本音の部分

野心のない男の行方

今、仕事を探しています。

この国は男女平等機会均等法があり、
建前上は男女の違いによって、
差別することは許されません。

が、

実際はそんなことなく、
女性活躍中!20〜30代の男性活躍中!
など、求人の特徴によって、
実質的には入口を制限されています。

ハローワークの求人でも、
その条件などで男女どちらが欲しいか、
なんとなく分かるそうです。

申し込むのは自由だけれど、
採用は難しいよ、ということ。

よって、
僕のように男性的な野心がないのに、
性別が男性というタイプは
ほとほと困ってしまうのです。

まだまだ日本男性には、
長時間勤務や転勤などが求められ、
女性は男性より比較的低賃金で、
事務・受付系は女性というのが相場。

生物学的に男女の別によって、
どういう仕事が向いているのか、
適性や傾向はあるのでしょうが、
そもそも男か女かの二択ではなく、
男性性と女性性の割合が
みんな少しずつ違うんでしょうね。

男性性の強い男性、女性、
女性性の強い女性、男性、
それぞれが存在するし、中間もある。
ならば、そもそも性別って何?!

年齢も同じです。
おっさんのような若者もいるし、
若者のようなおばさんもいる。

僕らはいろいろなことを効率化する為、
固定観念をたくさん作って、共有し、
ガチガチの社会を作っているんだな
なんて思ってしまったんです。

社会が敷いているレールから
外れてしまった人にとっては
なかなか生きにくい国なのかも。

社会に対する愚痴って
なんだかとても格好悪いですが、
今感じていることを忘れずに、
今後に生かしていきたいです。


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ