読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セ キ ラ ラ バ イ

本音と建前のどちらかというと本音の部分

ゲイカップルの限界?

ふと思うんですが、
もし僕が女の子だったら、
彼と結婚して一緒にタイに行く、
という選択肢もあったと思うんです。

仕事を辞めるたびに思っていました。

結婚できればとりあえず、
家族や世間の目は気にならない。
自然と一緒にいられる。

二人でひとつの家庭を作るのに、
二人の中でバランスをとればいいし。

でも、ザ・日本人の僕は
周りの目を気にしないという選択が
できなかった…

ひとりの男性として自立しなきゃ、
って考えて、
彼を優先できなかった。

ま、彼も養ってやる!というタイプじゃ
なかったんですがね。

自分がしっかりした上での
パートナーだしって。

もちろんそういう決断をできるゲイも
最近は増えてきてるんでしょうが…

昭和生まれのサガ?です。

だから、結婚できる+承認される
というのは大きいなと思う。
全てのゲイカップルが結婚するわけでは
ないのかもしれないけれど、
結婚できることで選択肢は増える
ゲイカップルはいると思う。
気も楽になる気がする。

宣言できたり、承認されたりできる、
というのはやはり精神的に大きいよ。

同性結婚の反対意見で、
『従来の結婚制度が崩壊する』
というものがありますが、
少なくとも従来の家族像は壊れて、
このままでは国を維持できないレベル。
新しい家族の形も受け入れないと、
いよいよ危なくなってます。

そのために同性結婚を認めて、
いろいろな家族の形が生まれるのは
きっといいことだよな。

つまり僕は結婚したいのです。

長いパートナーシップ求む!笑


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ