セ キ ラ ラ バ イ

本音と建前のどちらかというと本音の部分

節約グセをなおしたい

節約すると言うと、いい響きがあります。

目的のためにお金を貯めてバーンと使う。

日々は質素に、できるだけシンプルに。

それが時代の流行りでもあるようです。

 

もちろん節約や断捨離はある程度は必要だし、

ボクも本を読んだりして実践してきたのですが、

最近は見直すようにしています。

 

もともと浪費する方ではないですが、

そもそも今ほどに節約グセがついたのは、

元カレの影響だと考えています。

責めるわけでなくて感謝する部分も多いのですが、

外食よりは自炊、欲しいものもあまり買わない、

旅行のときはちょっと財布の紐を緩めて…

みたいなお付き合いを7年くらいしていたので、

それが元来自分の性分だったかのようになりました。

 

今の彼はあれもこれも欲しいタイプで物欲が止まらないタイプ。

でもそれは自分の収入内でおさまっているので

他人からとやかく言われる筋合いもありませんね。

そしてそれがまた幸せそうなんですな!

 

生きていくうえで「欲しい」という感情は原動力になります。

欲求を抑えすぎると、自我のようなものを抑える癖がつき、

どんどん幸福感が微減していくような気がしています。

そしてそれが今の自分の卑屈さと無関係ではない気がしています。

 

節約とか断捨離を実践するということは、

自分の欲求をただ抑えるということではなく、

自分の気持ちと向き合い話し合い、

自分をハッピーにさせてくれるか?を常に問う作業なのかもしれません。

自分で働いて稼いだお金で欲しいものを買い、食べたいものを食べる。

それはそれで大切なことなんですよね、きっと。