セ キ ラ ラ バ イ

本音と建前のどちらかというと本音の部分

切ない異文化交流だったのな

悩みや迷いが生じた時、とことんくよくよしちゃうボクです。

でも、「こうしよう!」と決めたら割りとズババっと行動する。

今までだってそうだったし、今もそうだし、

たぶんこれからもそうなのかもしれない。

 

今の恋愛にまつわる心の状態を数値化すると、

すっきり:さびしさ:悔しさ=50:30:20

てところでしょうか。

 

自分が導き出した答えは正解だし必然だったと思うけれど、

いろいろ初めてのことが多すぎた恋愛だったので、

今でもちょっと混乱しています。

 

知らない国に行って痛い目に遭った、みたいな感じ。

文化が違うやん!みたいな印象。

 

それはそれでいつか、懐かしく思える日が来るんだろうけど。

 

自分に馴染む文化の中に愛を見つけられるといいなー。

その日まで素直に誠実に丁寧に生きることにしよう。

 

特に付き合う前からセフレがいたことには参った。

ていうかこれだけは自分のトラウマになった。

男だけど男性不信になった。

 

「普通、まあ、そうでしょ」

「男同士なんてそんなもんでしょ」

 

みたいな意見も耳にするけれど、

そういう文化には馴染まないし馴染みたくないと思った。

 

人って油断するとそういうこと簡単にできちゃう。

簡単に好きな人を裏切ったりできちゃう。

でも結局それは異性愛も同性愛も関係なくて、

人としての生きる姿勢というか、

愛する人への向き合い方の問題であって。

 

同性愛者の権利主張も大切なんだけれど、

そういう道徳的・倫理的な成熟も必要かなあーと。

今の時代、男同士のセックスの垣根はそんなに高くないから

日常にチャンスは作れるわけだけれど、

そういう目的ばかり追求していては心の関係は築けないんだよね。

そんなん面倒くさいわ、て人も多いんだろうけれど…。

 

なんか、ボクってめちゃ保守的だね。こう見ると。

でもやっぱり憧れちゃうな。

お互いを大事に思って築いていくパートナー関係。

そのためにはボク自身も成熟しなきゃですな。