ユータロの日記

鹿児島に住んでいる、とある男の日常をつらつらと。

清く正しく美しく生きる

今日、大好きな職場の同僚(女性)と帰りが一緒になり、

その方にはカミングアウトしているので、

いろいろな話をしながら帰ってきました。

 

恋のこととか人生のこととか。

 

ここのところよく考えていたことなんだけど、

性別やセクシャリティ、肩書なんか関係なく、

まずは自分がどういうふうに生きていきたいかを

考え実行していくことが大切なんだと思った。

 

例えば、ボクが大事にしたいことは、

 

◯ 自分が嫌がること、傷つくことは人にもしない

◯ 好き嫌い関係なく人には優しく丁寧に向き合う

◯ 自分にとってどちらでもいいことはできるだけ譲る

◯ 疑問は解決し、できることはすぐやる

◯ 相手が喜ぶところを想像しながら行動する

 

などなど。

 

こういうことを1つずつやっていければ、

きっといいことある。

同僚も「ユータロくんはいい子だからきっといいことあるよ」

と言ってくれてとても嬉しかった。

きちんと生きていれば、見てくれている人はいる。

まあ、誰よりも自分が自分の生き方を見ているわけだけど。

周りのみんなも、そして自分自身もガッカリさせない生き方したいな。

 

ここんとこ傷ついたり凹んだりしたけれど、

それを誰かにぶつけたり嘆いたりするのでなく、

前を向いて生きていきたいと思えた一日でした。