セ キ ラ ラ バ イ

本音と建前のどちらかというと本音の部分

「怒り」を見ていろんなことを考えた

「怒り」見てきました。

 

 

妻夫木くんのゲイ役とはどんなもんかね。

と思い横縞な動機で見に行ったのですが、

とても面白い映画でした。

ゲイが見てもドキドキする描写もありました。

妻夫木くんみたいな彼氏とか幸せ過ぎるわな。

まあ、あんなシャイニーゲイはごく一部ですけど。

発展場行くのだってごく一部ですしね。

ま、気になる方は見に行っていただくとして。

 

そして考え過ぎなボクは、映画を見て色々考え過ぎました。

 

ゲイカップルのこと。

ゲイとしての人生について。

人を信じるということ。

人を思うということ。

人の弱さ、そして強さ。

人間関係の脆さ。

親子の関係。

世の中の理不尽さ。

それでも生きていかなきゃいけないこと。

 

これから考えがまとまるごとに

ちょっとづつブログにもアップします。

 

見て損はないと思います。

でも軽い気持ちで見に行ったら、

けっこう精神力使う映画でしたとさ。