セ キ ラ ラ バ イ

本音と建前のどちらかというと本音の部分

正当化しない、欲望に溺れない

自分で決める日々のこと。

 

知らず知らずのうちに心のなかで

いろいろと言い訳をしている自分に気づく。

誰かからこう責められたらこう返す、

みたいなシュミレーションしてたり。

 

その誰かって誰?

 

たぶんそれは自分なんだよねー。

日々は自分自身の選択の積み重ねだけど、

それが本当に正しかったのか不安になる。

 

でももう30年生きてきたわけだから、

自分の直感のようなものを信じて良いのかも。

できるだけ誠実にそして優しくありたい、

という思いがベースにあるので、

そこから大きく外れる選択はしないはず。

自分を信頼してあげようと思う。

 

そして、もうひとつ。

 

欲望に溺れないようにしたい。

欲望は求めるとどんどん増長してしまう。

食欲、性欲、お金の欲、出世したい欲、

人によく思われたい欲、自分が得したい欲

挙げるとキリがない欲望たち。

 

すべての行動が欲望なしの純度100%は難しくても、

その欲望に自分の人生の主導権を渡さない。

その欲望が自分にとってどれほど必要で大事なのか。

きちんと向き合ってみたい。

 

食欲というものに身を任せてブクブクと太った姿を

人は美しくないと感じてしまうことがあるように、

本当は性欲や物欲や金銭欲だって、

その欲望に猛進している姿は客観的に美しくない。

 

したい人とする、欲しいものを手に入れる、

自分の身の丈にあったお金をやりくりする、

そういう謙虚な姿勢に人としての美しさを感じる。

まだまだほど遠いけど、最近見直してみている。

 

とはいえ、やけっぱちになってしまう日もあるけど。