セ キ ラ ラ バ イ

本音と建前のどちらかというと本音の部分

目玉焼きの焼き加減だけは好みだった

昔、下宿していたところのご飯はひどかった。

今でもネタにするくらいおかしいご飯だった。

料理がたいして出来ないのに

なぜ下宿屋をやろうとしたのかは謎だ。

 

それでも目玉焼きの焼き加減だけは好みだった。

卵の白身の端っこの部分をジリジリと固めに焼いて焦げ目をつけ、

蒸し焼きにしないで焼く。だから黄身は半分まだナマ。

ひとつの卵でいろいろな食感を味わえるってわけ。

 

今日、夜ご飯の目玉焼きを作りながら、

そんなことを思い出した。

 

さて、待ちに待った宇多田ヒカルのニューアルバム。

今それを聞きながらブログを更新している。

いろいろなところで本人も言っていることだけど、

どうやら意識的に歌い方を変えたようだ。

軽やかになって気持ちが乗りやすくなっている。

…気がする。

 

言葉だけでは伝えきれない思いだから、

音楽にして伝えるってのは天才やな。

それが絵だったりアクションだったり。

アーティストって本当にすごい。羨ましい。

自分もそういう何かがあったら良かったんだけど。

 

そんな才能に嫉妬したり感謝したりしながら、

消費者であるしかないわけだけど。