セ キ ラ ラ バ イ

本音と建前のどちらかというと本音の部分

日常の中のエスケープ

物語というものはどこで切り取るかによって違って見える。

自分の人生では自分が主人公だから絶対的に自分が正義。

客観的に見ると不誠実であったとしても自分が主人公ならば

それは悲劇の物語だったり同情されるべき物語になる。

人が100人いれば100通りの物語があるわけだし、

他人が主人公の物語においてはボクはもしかしたら

悪者になっているのかもしれない。

もちろん出てすらいないのかもしれないし。

 

だからボクはたまに誰かの人生に乗り移ってどんなだろ?

と想像してみたりすることがある。

ボクの行動はこの人を傷つけてしまっただろうか?とか

そんなふうなことを。特に家族や元恋人が多いかなー。

そうすると人を嫌いになることが減るんだよね。

まーそうだよね、ニンゲンだものねー。なんて

みつを先生ばりに達観してしまったりね。

バスの乗り降りでモタモタしている高齢者に

イライラしている運転手がいたら、

モタモタしている高齢者の気持ちを想像したり、

イライラしている運転手の気持ちを想像したり、

バス通勤のボクは朝からなかなか忙しいのです。

もっと仕事のこと考えたほうがいいと思ったあなたは

きっと堅実なビジネスパーソン。自信持ってくださいね。

ヨガして風呂入って寝ましょかね、明日は月曜だし。

そして週末は関西!楽しみなことがある人生って素敵。

 

それにしても今日の夕焼けは思わず公園のベンチまで行って

ぼーっと眺めてしまったほどにきれいだった。きれいなものを

きれいと感じられる自分に酔ってしまったのはここだけの秘密。