ユータロの日記

鹿児島に住んでいる、とある男の日常をつらつらと。

冒険がまた始まった!

昨日は作家 江國香織さんの講演会へ行ってきた。

 

きらきらひかる

「思いわずらうことなく愉しく生きよ」

「抱擁、あるいはライスには塩を」

冷静と情熱のあいだ

「東京タワー」

間宮兄弟」etc...

 

ボクもちょいちょい読んでいる作家の方なので、

ぜひにと思って。

 

結論から言うとめちゃめちゃおもしろかった!

書き手・作り手の気持ちや考えを聞けて

とても興奮して帰ってきた。

 

言葉を生業として生きている方だけあって、

言葉のチョイスがとても素敵だな、と思ったし、

自身の感じることや考えていることを一般化せず、

わたしは、といつも前置きして話していたのが

とても印象的だった。

 

そしてやはり物事への洞察が深いし、

着眼点がおもしろかったりして、

はー!と思わされることばかり。

 

わーボクはまだまだ知らないことがたくさんあって、

読んだことがない本や聞いたことのない音楽、

見たことのない絵や食べたことのない食べ物が

まだまだたくさんたくさんあるんだなーあ!

とつくづく思い知らされて若干凹んだし、

途方もない焦燥感のようなものを感じた。

でもこの気持ってとても大事で、

ひさびさに知的好奇心がモリモリ育った。

 

その影響もあって今日は仕事帰りに本屋に寄った。

 

こういう自分になれたのは久しぶりだし、

コンディションも割りといい感じ。

これからもっと人生愉しくなりそうな予感。