セ キ ラ ラ バ イ

本音と建前のどちらかというと本音の部分

(異性)結婚への憧れをふりきった夜

 

「ユータロくんが好きなのは、女性…だよね?」

 

今はもう辞めてしまった、職場の同僚(女性)から

突然、電話でそう聞かれた。

 

「え、あ、いや、電話で言うことでもないですが、

 ボクは…男性です。恋愛対象は。」

 

とっさに色々なリスクや今後の面倒を考えて

そう答えた。

 

そんな会話を繰り広げることになったのは、

友だちに紹介したい、と誘われたからだ。

その元同僚(女性)はとても感じがよく

可愛い人で大好きだったので、きっと

紹介するつもりの女性もいい人なんだと思う。

 

でも、友だちの紹介というときはもう

結婚を意識してお互い出会うわけだし、

2人とも30代なので

〈この人と結婚するかどうか〉

という尺度で相手を判断することになる。

30代の異性愛の女性にとっては真剣勝負なのだ。

 

だから軽い気持ちで会ってはいけない!と思い、

お誘いはお断りした。

 

今回のことで、

ゲイではあるけど異性結婚に憧れる自分の葛藤を

久しぶりに自覚してしまった。

それと共に自分の人生と同じくらい

相手の人生も重く考えなければならない。

という覚悟のようなものも再確認できた。

 

嘘をついたり大事なことを隠したまま誰かと生きるより、

たとえ一人でも正直に誠実に一生懸命生きようって。

そう決めてるもんで。(精一杯の強がりだけど。)