ユータロの日記

鹿児島に住んでいる、とある男の日常をつらつらと。

そうは言っても日々は続くわけで

弱音を吐いたところで、今のボクには

それを受け止めてくれる人もいないわけで。

結局毎日を生きていくしかないんだよね。

 

午前で試験が終わり、コーヒー買って公園で黄昏たあと、

家に帰ってきてある人のブログをずっと読んでいる。

 

誰にとっても毎日は繰り返しなわけで、

彼氏がいようと家族がいようと、

モーレツ会社員であろうと、主婦であろうと、

おそらくスポットライトが当たっている世界であっても、

(隣に誰かがいてくれるのはとても羨ましいけど)

毎日が同じように平等に過ぎていくんだろうな。

 

その人にかかるいろいろな修飾語をとっていくと、

結局はその人自身しか残らないんだよなー。

ボクはあらゆる自分の修飾語に振り回されてて、

逆に逃げ場にしてしまう癖がある。

ゲイであっても愉しく充実した人生を送っている人は

この世界にたくさんいるんだろうに。

 

こないだ福岡で会った大学時代の後輩いわく、

「楽しみなんて自分で作るもんですよ」

らしい。

いつも年下に励まされているボクです。