ユータロの日記

鹿児島に住んでいる、とある男の日常をつらつらと。

阪急電車、ええ話やわ

 

久々に映画「阪急電車」を見ました。

たぶん、これで3回目かな。

 


阪急電車 片道15分の奇跡

 

気持ちがあたたかくなる、そんな映画です。

(ちょっとクサくて目を覆いたくなるシーンもあるけれど。)

 

それに阪急電車の色やシートの感触が好きで、

大学生のころは「阪急電車に乗る」という目的で

出かけたりもしたなあ。

土曜の午後、人もまばらな阪急電車に乗ると

なんだか気持ちが落ち着いたのを思い出す。

 

登場人物も素敵で、

自分の意思を持って凛と生きている人や、

不器用で地味だけど優しくてまっすぐな人。

そういう人たちに惹かれてしまいます。

 

ま、関西のおばちゃんでも

映画に出てくる彼女たちほどやかましい人たちには

リアルで遭遇したことはないけど。

 

とにかくええ話やわ。

何回か泣いてしまった。

そしてちょっと元気になった。