読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セ キ ラ ラ バ イ

本音と建前のどっちかというと本音の部分

チョコレート食べながら自分の性の在り処について考える

今日はバレンタインデーですな。

本命チョコをあげる相手はいなかったけれど、

会社で色々な方に義理チョコをもらいました。

(こんなとき、一応男であることを思い出す)

義理でも何でもチョコレートなら嬉しい。

なぜならば、チョコレートが好きだから!

好意としてのチョコレートを頂くというよりも、

お菓子としてのチョコレートを頂くという意味合いが強く、

お菓子をくれる人=いい人=仲良くしようとなるわけです。

それがボクにとってのバレインタインなわけです。

ゲイなので女子からチョコレートを貰えないことで、

モテないことに対する落ち込みはありませんが、

やはりもらうと何でも嬉しいわけです。

 

さて。

バレンタインデーにはいつも思うところがあって。

本命チョコは「欲しい」のではなく「あげたい」という気持ち。

別にボクは心が女性というわけでもないと思うんですが、

なんというか男性が同性という感覚になれなくて、

近づきがたいというかやはり恋愛対象として見ている。

もしくは自分とは違うジャンルの生きものだなと感じる。

女性を同性とも思ってないけどまだ近く感じるかな、と。

そういうところ、たまに孤独に感じたりもする。

 

ま、ゲイでも男性との付き合いは様々だと思う。

男の友だち同士の延長みたいな人や、

それこそ性欲に強く傾く人もいるし、

まるで異性かのような感覚の人もいる。

 

ゲイは男女どちらの気持ちも分かると言われるが、

それはあるグループの人にとっては真実なのかも。

男女どちらも完全には分からないけれど

部分的にはわかるなーと思うところあるし。

 

バレンタインにはチョコを食べながら、

自分の性の在り処について考えたりもするのだ。