セ キ ラ ラ バ イ

本音と建前のどちらかというと本音の部分

飲み会におけるお決まりの質問も華麗にスルー

昨日は職場メンバーでの飲み会でした。

とても美味しくて楽しい夜でした。

今回は手羽先がおいしいお店でした。

一体何本食べたんだろう…

 

しかしながら最年少で唯一未婚のボクに繰り出される

「好きな人は?」「タイプの女性は?」という質問攻撃を

一つずつ丁寧に受け流し、はぐらかすという面倒くさい場面も。

こういうことで基本的にはもう嘘はつかないようにしています。

例えば、「対等な関係が理想です」「価値観が合う人がいいです」

といったように答えます。昔付き合っていた人の話もします。

もちろん男性とも女性とも言わずに、ですが。

だから「芸能人で言うと?」という質問には答えません。

好きな女優さんはいますが、性的対象・恋愛対象ではないし、

そんな適当な嘘をついてもまあ誰も得しないわけですし。

相手もお酒の席での軽いネタとして聞いてくるわけなんで、

真剣に考えて答えたところで誰もハッピーになりません。

それに適当に嘘をつける能力って身につけたくないんですよね。

嘘つけるってのはここぞというときに邪魔になってくる気がする。

自分に正直に生きるためにはまず、人にも嘘ついちゃいかんだろ、と。

それでちょっとくらい生きづらくなってもまあいいじゃない。 

 

それにしてもおいしいって本当に幸せだよなー。