ユータロの日記

鹿児島市に住んでいる、とある男の日常をつらつらと。

みんないろいろ溜まってるってことです

昨日は職場の飲み会がありました。

結局4人しか集まらず、珍しく二次会まで行きました。

というか、帰れる雰囲気ではなかった。

雰囲気に逆らえない辺りが日本人の悲しい性ですな。

 

昨日のメンバーは下記の4人。

50歳 男性 既婚 ストレート (主催者)

40歳 女性 独身 ストレート?(飲み会レギュラー)

46歳 女性 既婚 ストレート (飲み会初参加)

31歳 男性 独身 ゲイ    (飲み会準レギュラー←ボクです)

 

職場の人が集まれば職場の話になるわけですが、

昨日は「みんな溜まってんなー」といった感じで

出てくる出てくる、愚痴やら何やら。

こういうのあんまり好きじゃないんですが、まあ、

そういう風に感じているんだ、と発見もありました。

昨日も「最近の若い男は覇気がない」とか

「つまらない」とか散々言われちゃいました。

(若者に入れてもらえるならボクも…?)

いつの時代も若者は批判の対象なわけで、

イマドキ驚きもしないわけですが、

そう言ってはお酒飲んでる姿に哀愁すら感じる。

既婚者だろが、みんな溜まってるってことですよ。

自分が思っている幸せの理想形は案外モロいものなのかも。