セ キ ラ ラ バ イ

本音と建前のどちらかというと本音の部分

若さに癒やされる年齢になったようだ

f:id:tomo1986:20170429155618j:plain

 

年をとれば価値がなくなるというわけではないけれど、

若さには不思議なパワーがあると思う。

誰もが一度は持ちうるそのパワーを

皮肉にも人は失ったときに気づき始める。

(それは気づいていないからこそ

 価値があるように見えるのかもしれないが)

 

若いと可能性は無限に思えるし、

色々なことを大目に見てもらえる。

もちろん見た目もフレッシュだし、

肌なんかもピチピチしている。

 

そういうことが羨ましくも思えるし、

また、目の前にしただけで癒される。

素直で明るくてかわいい25歳前後の男性に

たまらなく癒やされるんだよね。

どうやらそんな年齢になったようだと最近気づいた。

実際は5歳そこらしか変わらないはずなのに、

20代というだけで輝いて見えるのは

洗脳され過ぎだろうか。

 

それと同時に、30代、40代と年齢を重ねると

素敵な大人の男性になっている人が希少であることにも気づく。

若いうちは外見がその人の人生をけっこう左右するものだが、

年齢と共に外見の差はどんどんなくなっていくように思う。

もちろん清潔感や体型はある程度大事なんだろうけど、

評価されるポイントが変わってくる。

どう生きてきて、何をどう考えてきたのか、

そういうことが人柄にも顔にも現れてくるみたい。

若さなら本当の若さには敵わないから、

そろそろ大人の男としての自覚を持たなきゃな…