セ キ ラ ラ バ イ

本音と建前のどちらかというと本音の部分

恋愛の終わりは別れたその時ではないんだよね

大学時代から長く付き合った彼と別れて、

早くも2年半が経とうとしている

 

彼とは大学の同級生であったし、

サークル仲間でもあったので、共通に知ってる友人も多く、

何かの集まりの時などに彼の近況を耳にすることがある。

別れたばかりの頃は近況を聞くと情緒不安定になったけれど、

今ではなにか懐かしい香りを嗅いだときのような気持ちになる。

 

彼は自分の一部になっていたと思っていたけれど、

別れて会わなくなってしまえば記憶もどんどん薄れていくし

時間は本当に解決してくれるんだなーと思う。

解決してくれるというか、痛みを和らげてくれるというか。

非日常が日常になっていくことに慣れていくというか。

別れたばかりの頃は強がって「彼が幸せになってくれれば」

と言っていたけれど、今は実際にそう思う。

強く思うのではなく静かにふと祈る感じ。

あれほどまでに彼が欠かせない存在だったのに、

今では彼のいない人生は当たり前になっているし、

他の人を好きになってその人との未来を考えている。

 

人と付き合って別れるという一連の流れを初めて経験し、

今まさに終わろうとしている。

彼のことはこれからもときどき思い出すんだろうけど、

それはもう痛いとか辛いとか悲しいのではなくて、

懐かしいとか楽しかったなとかそういう感情なので、

きっとあの恋愛は終わったんだろうなと思う。