ユータロの日記

鹿児島に住んでいる、とある男の日常をつらつらと。

興奮しない理由はたぶん、

日々世に生み出されるアダルトビデオの数々。

ゲイ向けの動画も量産されている。けれど、

興奮できる作品は少ない気がする。

その理由をなんとなくずっと考えていたんだけど、

以前思ったこと(下記参照)に加えて、 

演者がまず興奮していないものが多いかなー。

例えばストレート男性が出演し無理にしているあれ。

彼らの痛そうな姿には同情すら覚える…。

あとはスポーツ的な反復運動のようなものが多い。

例えば演者が(おそらく)ゲイでもマッチョ同士の作品では、

同じ順序を淡々とこなすようなものが多く、

マッチョすぎるがゆえにエロス的要素も減ってしまう気がする。

リアルさがなくなっちゃってるというか…。

 

じゃ、どうすればいいのかというと、元も子もないけれど

実際にセックスするのが一番なんだよね。

相手と自分の感情や、実際の空気感とかリズムとか

そういうものが興奮を引き起こし愛情を深めるんだと思う。

もちろんうまくいかないこともあるけど、

うまくいった時のそれがやはり一番なんだと思う。

セックスはある意味で音楽や演劇や落語など

そういうものとも似ているんだと思う、

と言うと少し大げさかな。