ユータロの日記

鹿児島市に住んでいる、とある男の日常をつらつらと。

欲求を満たす、を繰り返す性(さが)

f:id:tomo1986:20170813114918j:plain

食べ出したら止まらない、そんな日がある。

頭ではもう止めといたら?と思っていても、

衝動的にどんどん食べ物を口に運び続ける。

こういうことが続くと摂食障害に陥ってしまうのかもしれず、

自分で自分が怖くなってしまうことがある。

満たされない思いや溜まっていた何かを埋めるために、

満腹中枢を刺激することでしのごうとしているのだろうか。

過食が精神を攻撃しない場合はただ体が肥満になる。

そういう仕組みなのかもしれない。

まずは自分の欲求のあり方と向き合う必要がある。

本当に食べたくて食べているわけではないしね。

 

そしてこれは食欲以外のことにも通じていると思う。

ボクはゲイなのでゲイとして感じていることで言うと、

過剰なまでの性欲にも危険を感じている。

たまにTwitterのエロ垢を散策したりするんだけど←

今日は誰とやりましただとか、近くに誰かいない?だとか

これはたぶんアプリ上でも同じことが展開されていて、

エッチする相手に愛はなく単に性欲を満たすためにエッチする

日々それを繰り返す。そういう人たちが一定数いる。

これも満腹中枢と同じように射精してしまえば

一定の満足感や達成感が得られるからなのかもしれない。

加えて興奮したときに出ている何かのホルモンが

欲望を満たすことにスパイスを与えている気もするし。

別にボクには迷惑かかってないから余計なお世話なんだけど

そういう人たち、なんだか心配だな、て。

 

あと、筋トレを過剰に行っている人たちもかな。

充分いい体なのに、やればやるほどにコンプレックスが出てきて

もっともっと、と筋トレに勤しむ。

これもきっとジムやSNSで過剰に自己顕示欲求や自己肯定欲求

満たそうとしているのではないかと想像する。

こういう人たちにも病的な何かを感じてしまう。

ある一定の水準を超えたらあとはその人の人間性

違いは出てくるのではなかろうか。

もちろんゲイに限った話ではないといえばないんだけど。

 

四の五の言わず、お前はちょっと痩せろって話だけどね…。

スミマセン。