ユータロの日記

鹿児島に住んでいる、とある男の日常をつらつらと。

すっかりはしゃぎ過ぎた自分を戒める

休みの日だというのに近所一帯が午後の2時間ぐらい断水で、

家にいると色々不便だなーと思い、

片道徒歩40分のところにある喫茶店まで散歩に出かけてきました。

そこへ向かう道すがら、何度も思っていることではあるんだけど、

今日はけっこう長めに考えたこと。

福さんと付き合いだしてからの自分はちょっとはしゃぎ過ぎていたな、と。

未来の生活に夢を見すぎていて、今自分のすべきことや考えるべきことを

ないがしろにしてたかも。そんな気がしている。

未来への希望は生きていくには必要だし、心強いものだとは思う。

だけど、その希望は今を生きるパワーになるものではあっても、

現実逃避の道具ではあってはならない。福さんと共に生きていく上で、

支え合ったり励まし合ったりすることはあっても依存してはいけない。

自分の生きる道は自分で決めないと後悔するし、

うまくいかなくなると福さんのせいにしちゃう気がするし。

今回の福さんの宮崎転勤は、そういうことちゃんと考え直しなさい!と

神さまから喝を入れられたようなタイミングだったよ。

人生思い描くようにはいかないから、

その都度自分と向き合いながら進んでいくしかないようです。