ユータロの日記

鹿児島に住んでいる、とある男の日常をつらつらと。

好きとはなんぞや。愛とはなんぞや。

likeとloveは違うのさ。つーて。

ある人の顔が脳裏に浮かぶ。フワッと。

だんだんフワッとがフワフワッとくらいになって、

気がついたらわざわざ思い出すようになっている。

そのときには行動が伴うこともあるかもしれない。

これが好きという状態なのではないか。

んじゃ、愛とはなんなのよ?

愛とは好きであることが前提となる。

でも好きであるだけでなく好きじゃないも加わって

好きと好きじゃないが縦糸と横糸みたいに

どんどん編まれていって面になった状態。

その編まれたものが心に積もっていくと

自分自身温かくなるし、世界が少し優しく見える。

でもその糸、ほどけちゃうこともあるから注意だね。

自分ひとりで編めることもあるかもしれないけど、

愛は相手あってのものなんじゃないかな。

なんて最近思う。

相手に求めてばかりじゃ、それは愛じゃない。

自分もちゃんと相手のことを愛したいと思う。