ユータロの日記

鹿児島に住んでいる、とある男の日常をつらつらと。

欲が出てきたりもするお年頃

何かを手に入れる、何かがあることに慣れる。

すると人は、次第に不満が出たり、欲が出たりするもんだ。

今日はそんなことを考えることがあった。

職場で「今の給料では生きていけない…」という嘆きを耳にしたのだ。

ボクの一存で何とかなるものでもないけど。

福祉業界は正直、給与は安い。

そんでもって鹿児島は全国でも所得水準が低い。

だから待遇に不満が出てくるのは当然の成り行きとも言える。

しかし自分が選んだ道でもある。

そこで何を学び、その後の人生をどうしていくのかは

自分で決めるしか無い。

かく言うボクも最初は暮らせればいいやと思ってたけど

ここんところはもちょっと給与を上げたい、

社会人としてスキルアップしたいという欲が出てきている。

それは必ずしも悪いことではない。

悪いことではないけど、嘆くだけで終わってはいけない。

勉強したり勇気出して転職したりしないと現状は変わらない。

だからボクも不満を言うのではなく、

少しでも行動に移して現状を変えていきたいと思う。

資格や実務経験も馬鹿にはできないから今はそこに集中したい。