ユータロの日記

鹿児島に住んでいる、とある男の日常をつらつらと。

セクハラ&パワハラする人は自分がされてみるといい

はあちゅうさんが電通時代のセクハラ・パワハラ経験を

告白した以下の記事を読んだ

セクハラとパワハラが絡んでいるのはタチが悪い。

Twitterの#MeTooでの一連の告白を読んでいると

圧倒的に男性から女性へのセクハラ&パワハラが多い。

#MeTooの広がり方を見るとある国特有のものでなく

どの社会にも多かれ少なかれある現象だってことだよね。

いじめや差別と同じように。

女性という性をうまく利用している人もいるにはいるけど、

嫌な思い、悔しい思いをしている女性も多いんだね。

僕はそういう思いしている人に寄り添いたいなと思った。

あなたは男だから分からないよって思われるかもしれないけど

僕も意に反して男性から性的な行為を強要されたことあるよ。

不快な性的言動を吐かれたこともあるし。

だから、全く気持ちが分からないわけじゃない。

結局、彼らは人を人として見ていない。性対象としてしか見ていない。

男性は特に性的に怖い思いをする機会が女性より少ないだろうから

それがどれだけ嫌なことか想像力が乏しいのかもしれないね。

エッチなことはみんなしたいものだって勘違いしている人もいるしね。

どちらにしろ成功者や地位ある人が非人格者だとよりガッカリしちゃう。

影響力があるからこそ被害が公にされにくいし泣き寝入りも多いんだと思う。

んー人って何の為に生きているんだろう。

自分さえ良ければいいの?

一生忘れられない傷を誰かに負わせていいの?

仕事は大事だけど人生で一番ではないと思うから、

嫌な思いをしている人がいたらできるだけ逃げて欲しいと願う。