ユータロの日記

鹿児島に住んでいる、とある男の日常をつらつらと。

パートナーが違うだけで世界はこんなにも違う

ふっくんとお付き合いしてから1年が経過。

こんなに精神的に安定してるのはいつぶりだろう?

 

以前の恋愛に関する過去の記事を読むと、

精神的な不安定さと言ったら酷いものです…

いつまでも合わない服を着ていたらアザになっていた、みたいな。

客観的にはさっさと別れてしまえばいいのにと思っちゃうけど、

当事者になるとなかなか決心がつかないもんです。

 

でも勇気を振り絞って決断してよかった。

今は誠実なパートナーと出会えたから。

ふっくんはマメに連絡をしてくれるから、

遠距離恋愛にもかかわらず、浮気の心配をしたり、

何をしているのかが気になって何も手に付かない

ということが全くない。

前は同じ鹿児島市内に住んでいてもあんなに心配だったのに。

 

おかげで仕事のことやプライベートの趣味など

あらゆることに思いを巡らせる余裕ができてきたし、

未来に希望を持てるようになった。

 

つまりは日々いかに信頼関係を築くかが鍵ということか。

他人同士だからこそ一緒に生きていくために

きちんと言葉にして話し合い共有することが大事なんだね。

 

今回東京についていく決心ができたのも、

お互いの正直な気持ちと心配事を話し合えたからだと思う。

ふっくんは僕を家族だと言ってくれたから、その想いに応えるべく

僕も彼の良きパートナーとして成長していきたいと思う。