ユータロの日記

鹿児島に住んでいる、とある男の日常をつらつらと。

第1回 転職会議

唐突ですがここで転職の作戦会議をしたいと思います。

(会議というより独り言だけど) 

書類選考になかなか通らない原因を整理してみた

転職サイト・転職エージェントには学歴・職歴などを登録し、

こちらが応募して企業が見てokとなったら書類選考は通過するけど、

こちらの職歴が満たない・経験が物足りないと通過できない。

って当たり前のことを言ってますね。

それに加えて応募するのは僕だけではないので、

ライバルが多ければ多いほど通過確率は下がっていく。

人気企業、大手企業、有名企業は倍率が高くなるし、

大手のサイト・エージェントを使っていると

登録者数も多いので倍率が高くなってしまう。

僕の職歴は一貫していないしブランクもあるので、

人間性の良し悪しを精査されるまでもなく

書類選考であっさり振り落とされてしまうのが現実。

僕の好きなブロガーさんも言っていたけれど、

自分の市場価値を知らないで活動すると、

100社受けても1社も内定が出ないという事態が発生してしまう。

だからもっと戦略的に応募しないといけないと痛感している。

 

何を売りにするのか?

ひとつは現職で3年半の実務経験があるということ。

転職しようとしているのも同じ職種なので

そこをうまく繋がなければいけない。

しかしネックになるのは大学卒業(22才)から

今の職に就くまで(29才)の7年間の経歴が

転職市場では足かせになっていること。

簡単に言えばやりたかったことに挑戦して諦めた期間だから、

そこをどうアピールするか(足を引っ張らないようにするか)が

けっこう大切になってくるのかなと思う。

あと30代での転職なので先方はリーダー的ポジションを

期待していることが多いので、

未経験だけれどうまく捻り出してアピールするしかない。

 

どこに応募するのか?

今までは気になったところにポンポン応募していたけれど

ある程度業界を絞って、応募する必要がある。

どこでもいいの?と思われたらやはりマイナスですもんね。

自分がどういう業界にコミットしたいかを深掘りする必要性を感じる。

かといって、大手有名企業に応募しても祈られるばかりなので

そこはもっと絞っていこうと思います。

 

今日のまとめ

・まずは使う転職サイト・エージェントを見直す

・応募する企業の業界や規模を絞る

・足かせの7年間で学んだことや身につけたことをまとめる

・自分に求められているポジションに合った自己PRをまとめる