ユータロの日記

鹿児島に住んでいる、とある男の日常をつらつらと。

忘れるのに2年くらいはかかる

一度真っ黒な世界を知ってしまうと、

そこに強い光を当ててみても、白で塗り直してみても、

黒が透けて見えるようになってしまった。

常に疑う自分が頭の隅にいる。

信じていても次に起こりうることを想定してしまう。

一言で言ってしまうと、冷めた人間になった。

そんな真っ黒な世界を見せてくれた元カレに、

また新しい恋人ができたという話を聞いた。

今更憎くもないけれど、その恋人を不憫に思う。

清濁飲み込んで付き合っているのかもしれないけれど、

僕のような思いをしてほしくないな、と思う。

今の僕は幸せだと思えるけれど、

まだあの傷は完全に癒えていない。

忘れるにはもうちょっと時間がかかりそうだな。

結局いつも行き着く結論は、自分はどうするのか、

自分はどう生きていくのか、それしかないんだということ。

そういう意味で人はみんな孤独なんだよね。