ユータロの日記

鹿児島に住んでいる、とある男の日常をつらつらと。

これは嫌だからというわけじゃない決断

鹿児島が嫌だから出ていくわけでも、

今の会社が嫌だから辞めるわけでもない。

ふっくんと出会うことがなければきっと

東京に引っ越すこともなかった。

まだしばらくは今のところで働き続けて

引っ越したとしても大阪、という未来だったろう。

人との出会いっていうのはわからない。

未来を変えてしまう力がある。

あとは自分が決断するか否か。

ふっくんと別れて自分の描いていた未来に向けて

生きていくこともできたんだろうけど、

今の僕は色々な思いが重なって

ふっくんと東京に行く決断ができた。

本当にそれだけなんだ。

鹿児島が嫌だからでも、

今の会社を辞めたいからでもない。

これだけはハッキリしておきたいと思った。