ユータロの日記

鹿児島に住んでいる、とある男の日常をつらつらと。

女子フィギュアについてのアレコレ

女子フィギュアスケートの戦い、すごかった!

主役は完全にアジアから欧米に移っているけど、

ロシア勢の演技は圧巻としか言いようがないし、

金銀銅すべてに文句はありませんって感じ。

後半に難度の高いジャンプを飛び、GOEをとる、

もちろんノーミスが絶対条件、という厳しい環境。

そんな中ノーミスで自己ベストを出した宮原さんも立派だったね!

しかし表彰台に登るにはレベルが追いついていないのが日本の現状。

ロシアなんかは次々と新しい選手が出てきては

バンバン世界最高得点を塗り替えてゆく…。

それだけロシア国内の競争が激しいということ。

ジュニアで勝ってシニアに上がり数年でタイトルをとらないと、

もう国の代表としてオリンピックや世界選手権に出るのが難しくなる。

次々に若い選手が出てきちゃうから。

リプニツカヤ選手やラジオノワ選手もあまり見なくなったな。

そういう意味ではカロリーナコストナー選手は超人ですが。

あとこれは運だけど、オリンピックと自身の最盛期のタイミングも重要。

真央ちゃんもシニアデビューの年にオリンピック出てたら金とれてただろうし、

メドベージェワ選手も1年オリンピックが早かったら金だっただろうし。

もしもの話をしても仕方ないんだけどさ。

個人的にはこれから紀平梨花選手の成長が楽しみ。

トリプルアクセルからの3回転コンビネーションを飛べるのが

次の世代になってくるのではなかろうか。