ユータロの日記

鹿児島に住んでいる、とある男の日常をつらつらと。

雨のち晴れ

最近は、心の中が曇っていて、
ずっと小雨のような状態です。
気持ちが沈んでいます。

春だというのに!

でも、今日は少し晴れ間が見えました。
なので家族にもやさしくできました。

自分の心に余裕がないときは、
周りの人みんなが羨ましくて、
自分の宿命を呪ったり、
人生について投げやりになったり、
そういうことを繰り返して、
ここまでやってきました。

でも、たまに晴れ間が見えたら、
太陽の眩しさに感謝できます。
世界が明るく見えます。

僕はゲイとして生まれて、
悔しかったり辛かったり、
悲しかったり寂しかったり、
いわば小雨模様な人生です。

でも、時に晴れ間がやってくるから、
なんとか生きていられるんですよね。

これからもきっとずっと小雨。
雨の日は本を読もう。
雨の日はゆっくり寝よう。
雨の日はコーヒーでも飲もう。

晴れ間くらいは人にやさしくあろう。
晴れ間には外に出かけよう。
晴れ間には太陽の光を浴びよう。

そんな生き方も悪くないな。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ