ユータロの日記

鹿児島に住んでいる、とある男の日常をつらつらと。

無意識や善意、それはときに暴力になりうる。

同僚がオメデタらしい。

同僚の奥さんもオメデタらしい。

友人もオメデタだと先日報告を受けた。

身近に溢れるオメデタニュース。

それは少なからず周りの人々をハッピーな気持ちにさせる。

 

妊娠のニュースを聞くと心がざわつくと言っていたボクですが…

このモヤモヤがどこからくるのか、少しわかった気がしました。

 

 

妊娠の話になるとセットでついてくるのが、

まだ子どもがいない人や独身者に向けた

「ほらあなたも早く作らないと」

「あなたも頑張らないと」

といった無神経な発言の数々。

 

そもそも子どもがいない人のパターンをざっくり挙げると

(1)子どもは何らかの理由で作らない(作れない)

(2)頑張っているけどなかなかできない

(3)そもそも結婚していない

てなもんで、どの人に向かって言うにも失礼じゃないか。

特に何らかの理由で子どもができない人や、

頑張っているけどなかなかできない人に向かって

「早く作れ」だの「頑張って」だの言うのはデリカシーなさすぎ。

こういうマジョリティの伝統的な出来事の裏では、

マイノリティへの無意識の暴力が多く存在する。

結婚にまつわるニュースが嫌なのも、

結婚したくてもできない人に向かって放たれる

無神経な発言の数々に晒されなければいけないからだ。

別に結婚する人が憎いのでも子どもを産むのが憎いのでもなく、

そういう場面では必ずと言っていいほど

「そうでない」人たちに向かっては無意識な暴力が存在する。

そして言う側も善意で言っていることが多いからタチが悪い。

みんなが同じものを持っているという前提で話すの、

もう辞めません?すでに21世紀ですよ?

そういうところにはいつまでも敏感でいたいなー。