ユータロの日記

考えたこと、日々のこと、彼とのこと。

選べるものは選び直せる

最近読んで、良かったなと思う本があります。

 

幡野広志著

「ぼくたちが選べなかったものを、選びなおすために。」

 

ガン患者になった著者が、さまざまな理由で苦しむ人々を取材したパートと、本人の考えが綴られたパートに分かれています。

苦しみの理由のほとんどが家族を含む人間関係であり、

自分が選べることは選んでいいんだというメッセージが一貫して述べられています。

 

この本を読んで考えたことを書きたいと思います。

 

自分で選べなかったことはたくさんあります。

生まれる国、家族、性別、セクシャリティ、容姿などなど。

小さい頃の体験や親子関係、生育環境は、

その人の人格や性格に大きな影響を与えますので、

自分で選ばなかった要因によって、

苦しむ人が生まれるわけですね。

 

一方で、自分で選べることもあります。

働く場所、付き合う人、住む街、食べるものなどは

自分で選べる余地が大きいです。

選べるものはきちんと自分で選んで、

幸せになる方向へ進むのがいいと思いました。

自分で選ぶと人生の満足度も変わってきそう。

 

自分に染み付いた考えや思い込みを一度整理して、

改めて自分がコレだと思ったものを選ぶ。

あらゆる中で一番マシな選択をする。

その積み重ねが人生を少しはいい方へ

導いてくれるのではないかと思います。

 

僕も親や世間の良しとする価値観に、長い間苦しめられましたが、

それは結局、自分の価値観ではないので、

縛られる必要などないし、その通りに生きなくていいし、

もしそれで嫌われても構わないと思えるようになりました。

自分が幸せならば他の人の意見は意味ないんです。

誰かの幸せをなぞっても自分が幸せにはなれないです。

今は、自分が幸せだと思えていれば、それでokなんです。

 

今後は仕事に関する価値観を見直して、

自分らしく仕事ができるようになりたいです。