ユータロの日記

鹿児島に住んでいる、とある男の日常をつらつらと。

高校生に思いを馳せる

僕が住んでいるエリアには、
近くに高校が四つ位あります。

だからよく高校生に会います。

まさに大人と子どもの間で、
かわいいですよね。

自分の高校時代に思いを馳せると、
それがもう10年以上前だとわかり、
軽く凹みました…

なぜ年を重ねるごとに、
若さに対して過剰に反応するのか。

特にアラサー世代の人の中には
まだ何者でもない自分に焦ったり、
凹んだりしてしまうそうです。

確かに高校生くらいの頃は、
未来の自分に過剰な期待を抱き、
夢に突き進むアラサーを
思い描いていましたね。

それが、今、コレか…ていう。

ま、当時はアラサーなんてコトバ、
なかったと思いますけど。

さらにアラフォーになると、
アラサーとはまた違った
焦りや凹みがあるらしく。

人間もいろいろと忙しいですね。

今、僕に言えることといえば、
ワクワクした未来は今の延長上で、
いきなり現れたりはしないてこと。

いつまでも夢に見ているだけじゃ
何も変わらない。

具体的な行動の積み重ねでしか
良い未来には繋がれない。

それを実感した20代でした。

若いときは、未来の自分に
いろいろな問題を先送りできますが、
年を重ねるごとに
あれ?今の僕がやるしかないんじゃ?
と気づくようになります。

過去の自分を責めないで、
現在の自分、ガンバレ!


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ