セ キ ラ ラ バ イ

本音と建前のどちらかというと本音の部分

スマホはボクの世界を小さくしている…かも

彼からのメッセージが来ないと気持ちが不安定になる。

送ったメッセージに対しておやすみもおはようもないと、

何かあったのかと勘ぐってしまう。。

スマホをどこかに忘れてしまったのかもしれないし、

急いでいてメッセージを送る隙がないのかもしれない。

そうやって見当をつけてみても気持ちは落ち着かない。

Twitterみたくリプをなんとなくフェイド・アウトするのに慣れて、

メッセージもそうなってしまったのだろうか。

ボクは割りとおやすみやバイバイを言って、

切り替えたいタイプなんだけどな。

 

一緒にいる時も彼がスマホばかり触っていると機嫌を損ねる。

目の前で起こる出来事や目の前に並ぶおいしいごはんを、

今まさに目の前にいるボクと共有する前にSNSでアップして

どこにいるのかも分からない友だちとやりとりをしたりしている。

それってボクに対して失礼じゃない?

ボクがトイレにでも行っている間に

こっそりアップするのがマナーというものだろう。

 

こんなことは昭和生まれの古臭い意固地な考えなのだろうか。

(彼も昭和生まれだけどね!)

親しき中にも礼儀ありという言葉もあるように、

そういうことがどんどんなあなあになっていくと

ボクはいつしか冷めてしまうのだろう。

 

スマホは確かに生活を便利にした。

単語を入力するだけでたいがいのことは分かるし、

自分の居場所だってわかっちゃうし、

遠くの人ともコミュニケーションがとれる。

買い物だってできるし、人とも出会える。

まさに魔法の機械だ。

 

でも人間関係においては世界を狭くしている気がする。

SNSでやりとりをしているだけで繋がっている気持ちになる。

気に入らなければブロックできる。

実際顔を合わせずとも。

手のひらの中でいろんなことが完結する。

 

ボクはスマホに嫉妬するというおかしな男だ。

そして今もスマホを手にして悶々としている。

だからといって今更手放してしまう勇気もない。

一体いつになったらスマホと仲良くできるんだか。

 

 

↓ よければポッチリお願いします☆
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ