ユータロの日記

鹿児島に住んでいる、とある男の日常をつらつらと。

男だってヨガしたい

家ヨガを始めて一週間くらい経った。

 

ヨガを始めてよかったことは、

 

1 呼吸や体の動きに意識がいくようになった

2 自分の気持ちにも意識がいくようになった

3 夜中に目がさめることがなくなってきた(睡眠の質向上?)

 

ヨガは自分と繋がる手段の中の一つ、とのこと。

呼吸や体の動きを通して自分と向き合う。

自分の体はどう動いて、どこまで動かすと辛いのか。

それらを意識することで自然と思考も内へと向かうようだ。

 

そうしているうちに、自分の気持ちにも意識が向くようになった。

今はどういうことを感じ考えているのか。

考えてしまうことは仕方がない。

完全にコントロールはできない。

でもその考えや感情に振り回されるのではなく客観的に観察する。

そうすると大きく感情を揺さぶられて落ち込むことも減ってきた。

 

気持ちを鎮めて、できるだけ優しくありたい。

相手の気持ちを感じてあらゆる人と良い関係を築いていきたい。

一時の考えに支配されると相手のことが見えなくなってしまう。

それは職場でも、家族でも、恋愛でも。

 

心を乱されることもあるけれど、いちいち向き合って、

自分はどう受け止めるのか、どう取り入れるのか、考えたい。

 

ゆくゆくはこの考えを応用して、自分がこれからどうしたいのか。

冷静に向き合っていきたいと思っている。