セ キ ラ ラ バ イ

本音と建前のどちらかというと本音の部分

ときどき何の為に生きているのかわからなくなる

久々の残業。

そんでもって、明日はちょっとした試験があるから

帰りにタリーズに寄って過去問解いたり。

いい感じに酔っ払った人々を横目に、

コンビニに寄っておにぎりを買って帰る。

 

ときどき何の為に生きているのかわからなくなる。

 

どこに向かっているわけでもなく、

誰かのためってわけでもなく、

一体何しているんだろう、てね。

 

目の前のこと、今できることを

できるだけ誠実に一生懸命やっていこう。

そう思ってはいるけれど、いるんだけれど、

例えば不誠実なノンケを目の当たりにしようものなら、

なんだかソコハカトナク虚しくなる。

 

一生懸命生きたところで、

この人が何の苦労もなく持っているフツウを

ボクはどうしたって手に入れられないんだよな、て。

そのことでたくさん悲しくて、辛くて、申し訳なくて、

潰れそうな夜だってたくさんある。

なんでボクは男しか好きになれないんだろう。