ユータロの日記

鹿児島に住んでいる、とある男の日常をつらつらと。

自分はどうしたいのかを整理してみた

f:id:tomo1986:20170827151236j:plain

昨夜突然、福さんの転勤の話を聞いて動揺してしまったけど、

一夜明けて自分がどうしたいのかを整理してみた。

 

そもそも県外移住計画を企てたのは、都会でしっかりと

一生涯付き合っていける人を見つけようと思ったからだった。

地方都市ではまず同性愛者自体が少ないし、

コミュニティも狭く探すのが困難だから。

お互い真剣にパートナーを探しているという前提で

都会でいろいろな人に会ってみたいと思っていた。

 

それが幸運にも鹿児島に居ながらにして福さんと出会い

お付き合いすることができた。遠距離だけどうまくいってる。

お互いずっと付き合っていきたいと思っているし、

できることなら一緒に住みたいと思っている。

目指している方向は同じだと思う。

なので、福さんの転勤する地へ着いていくことには

正直そこまで抵抗はない…。

けれども、ネックになるのはやはり、仕事。

福さんは生活の面倒は見るよとまで言ってくれてるけど、

いろいろなことを考えるとボクもきちんと仕事をして

収入を得られる力を持っていなければいけないと思う。

福さんほどは稼げなくとも、もし福さんに何かあっても

支えられるくらいの経済力はなければいけない。

自分の親に何かあったときも対応できないといけないし。

そうすると会社員として点々とするのには限界がある。

どんどん年もとって転職は厳しくなるし。

となると、何らかフリーもしくは自営で稼げなくてはいけない。

今の自分にはそれだけの力も才能もない。

これからのボクの課題はここにある。

組織に属さなくとも自分で何かやって稼げれば、

福さんの転勤先についていっても困ることはない。

うーむ。

どこまでやれるかは分からないけど、

少しずつでもやってみる価値はあるかもしれない。

これから数年、ちょっくら試行錯誤してみます。

無理とか難しいとか簡単に言わないで、

進みたい方向に進む努力をまずしようと思う。