読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セ キ ラ ラ バ イ

本音と建前のどっちかというと本音の部分

朝はまた来る

朝が来て、一日は始まって、気持ちも動き出す。

悲しい夜は終わるのだ。

 

うまくいかなかったり悲しくなったりすると、

すぐに自分の才能や自信のなさを嘆き、

いろいろなモノを持っている人々を羨む。

自分のナイとみんなのアルを比べて

劣等感と被害者意識に苛まれる。

それはもう小さいときからそんな感じ。

 

でも、アルと言われている人たちも、

悩み苦しみ困難を乗り越えていくはず。

少なくとも乗り越える為に模索するはず。

 

つまりネガティブ思考というものは結局、

思考停止に他ならないということに気づいた。

そうやって自分に同情し慰めてあげれば

問題の本質と向き合わずに済むんだもの。

傷が目立たなくなってまた生きていく。

そういう生存方法もあるのかもしれないし、

そうやってしか生きられない場合もある。

でも、ボクは違うんじゃないか。

その先に行きたいと思っている。

自分が抱える問題の先の幸せを目指している。

そのためにすることは自分を慰めることではなく、

どちらかというと励ますことなのではないか。

そしてその幸せはきっとひとりじゃ掴めないんだろうな。