ユータロの日記

考えたこと、日々のこと、彼とのこと。

山口周さんが言葉にしてくれたモヤモヤ

細々と書いているブログですが、

今年もお付き合いのほど、

どうぞよろしくお願い致します。

 

本年1発目の記事は本を読んで考えたこと、です。

書評とはちょっと違うのですが、

社会人になってから今まで自分の中でモヤモヤしていたこと、

一見後ろ向きだと思われる思考を

きちんと理論だって説明してくれた本と出会って、

これだ!という嬉しさと共に読み進めました。

 

 

まず、自分がずっと抱えていたモヤモヤとは?

「成長することが前提とされている制度やシステム」です。

人も会社も国も成長することが前提として考えられています。

ここで言う成長とは計測可能な数値が増えることです。

国はGDP、会社は売上や利益、個人では年収でしょうか。

その最先端を行くのがアメリカ合衆国だと思うのですが、

成長を続けている一方、皆さんご存知の通り、

格差や分断が進んでいます。

 

つまり成長するにはトレードオフがあるということです。

それは人生への幸福度だったり、環境への負荷だったり、

まだ可視化されていない問題だったり。

多くの人が便利な製品やサービスにアクセスできる世の中になり、

物欲や金銭的報酬がすなわち幸福につながる時代は

曲がり角に来ていると感じています。

それでも成長すること=計測可能な数値の向上でよいのでしょうか。

山口さんは著書の中で、下記のように提言しておられます。

「未来のためにいまを犠牲にする」という手段主義的=インストルメンタル

思考・行動様式から、「永遠に循環する”いま”を豊かに瑞々しく生きる」

という自己充足的=コンサマトリーな思考・行動様式への転換が必要

上記のような考えを基に国家運営するには、

現行の制度やシステムを大幅に見直さなければいけませんが、

成長の見込みがなくなっているのに、

いつまでも成長することを前提として物事を設計していては、

そのトレードオフとなる害悪を後世に先延ばしするだけです。

なので、成長=皆が心豊かに生きられる社会になること

という認識に変えた方が良いと思いました。

 

自分の身に翻って考えてみても、同じことです。

全く共感できない考え方であるにも関わらず、

成長=会社員になり、職位を上げ、年収を上げる

というシステムの中で、もがき苦しんできました。

でもよくよく考えてみると、年収が上がっても、

その差額は預金口座の中に貯まっていくだけであり、

それによって自分の幸福度は

全く改善されていないことに気が付きました。

むしろ、報酬に見合った仕事を要求、期待されることが

自分の中では大きなプレッシャーになり、

逆に幸福度は下がっているように感じています。

加えて、もともと欲しいものやお金のかかる趣味もないし、

扶養する家族もいない(この先も見込めない)ので、

「健康で文化的な最低限度の生活」を送るコストは

一般的な人と比べてもそれほど高くはありません。

理解あるパートナーがいる現在では、

より自分の取り得る選択肢が増えたような気がします。

 

占星術では土の時代が終わり、風の時代になる、

と言われているように、自分自身も時代、実情に即した

生き方を模索する1年にしようと思います。