ユータロの日記

鹿児島に住んでいる、とある男の日常をつらつらと。

ほぼすべての男はノンケ

意外とゲイは身近にいる。

そんな風に感じていましたが、

結局、ほぼすべての男はノンケ、だと、

今更ながら再認識しちゃいます。

そうだ、自分は少数派なんだ、と。

自分にフォーカスして考えすぎると、

世界を見失ってしまいそうです。

ただ、確実に、ゲイであることを

徐々に受け入れていっています。

孤独を受け入れてからが

本当の自分の人生なのかもしれません。


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ